日帰り温泉の帰りにまさかの事故

あれはよく晴れた日の朝。その日は職場の健康診断があり、会社はお休みでした。まだ若かったので検査項目も少なく、健康診断はあっという間に終了。こんな晴れた日の朝9時に用事が終わったら、ドライブしかない!と思いたち、10キロほど離れた広くて露天風呂もある日帰り入浴施設に向かいました。開店とほぼ同時に入浴し、かなり田舎にあるので他のお客さんもほとんどいなくてほぼ貸し切り状態。温かくて気持ちよくて、何度も露天風呂に入っては休み、普段はあまり入らないジャグジーやサウナにも挑戦して、たった一人で1時間以上温泉内でお湯と戯れました。
流石に熱くなってきたのでお風呂から上がり、水分をとって10分ほど休憩しましたが、時間はまだ午前中。ここから少し大きな街へ出たらあの美味しいお店のランチに間に合うと思い、すぐに出発。5キロほど車を走らせると、突然猛烈な眠気に襲われました。しかし、早く走らないとランチが混み合って食べられなくなってしまうので、休まずに窓を全開にして風を顔に受けるようにしたり、コーヒーを飲んだりでごまかしてみたのですが・・・。
ガツンとものすごい音と衝撃で目が覚めました。見ると、何故か対向車線の端っこにいて、車の右前輪がワイヤーロープに乗り上げていました。しかもまだ止まっておらず、ワイヤーロープの先は崖です。少しでも車が乗り越えちゃったら、崖下にゴロンゴロンです。ワイヤーロープに乗っているのでハンドルも思うようにききません。すごい力で暴れまわっているのを何とか押さえながらブレーキをかけ、30メートルほど進んで止まりました。
たくさんの車が通過していき、やっちゃってるなという顔で運転者が私を眺めていきます。電話で警察に通報すると、すぐに駆けつけてくれました。開口一番警察官が言ったのは、「いやー、対向車とぶつからなくてよかったよ。ぶつかってたら即死だったかもね。」
平日の朝の幹線道路ですからトラックも多く行き来していて、本当に危険でした。崖から落ちることしかあまり危険を感じていませんでしたが、この一言でゾッとしました。
この時の警察官はとても親切で、車の修理屋さんも手配してくれるなど本当にお世話になったのを今でもはっきりと覚えています。車は下回りがひどい状態になってしまったので、直るまで1ヶ月もかかってしまいました。唯一の救いは、私に全く怪我が無かったことです。
教訓として、温泉に入ったあとはより気をつけなければということを学んだのでした。全く高い授業料でした。車買取大阪で大阪の中古車情報をゲットして車買取で得をすることも出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です